STORY

カプセルホテルに上司と2人きり…―!?

ある日の飲み会で、
犬猿の仲の上司・羽田野と毎度の口論の末、
酔い潰れて終電を逃してしまったみのり。
近場のカプセルホテルに泊まることにした2人だったが、
ハプニングで、同室に寝泊まりすることに…!?

意識なんてするはずない…
そう思ってたのに、微熱が伝わるほどの至近距離で、
垣間見せる異性の顔にドキドキが止められなくて…

今、素直になれない2人の恋が動き出す。

episode10
汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。

猛暑日にエアコンが故障してしまい、蒸し風呂状態のオフィス。
従業員を帰らせ、羽田野は一人、エアコンの修理を試みていた。
そこに手伝いに来たみのりだったが、脚立からバランスを崩した羽田野に押し倒される形に。
見つめ合うと、ついすれ違って伝えられなかった不安を溢してしまう羽田野。
その思わぬ素直な言葉にみのりは、「私に弱み見せてくれたみたいで…嬉しいです」と笑みを浮かべる。
すると、あふれ出した感情に抑えが効かない羽田野はみのりを抱きしめ、汗だくのまま二人きりのオフィスで交わり合うのだった…。

episode9
路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー。

羽田野と衣装について衝突し、スタジオを飛び出して落ち込んでいたみのりに、声をかけたのは慧だった。
デザインに却下を出された事を引きずるみのりだったが、不器用ながらも自分の想いを語る慧の言葉にやる気を取り戻す。
スタジオに戻り、素直に羽田野に謝るみのり。しかし、慧から教わった仕事への心構えを打ち明けるみのりに、羽田野は複雑な表情。
すると「今日仕事をさぼったお仕置きだ…」と路地裏に連れ込み、強引なキスをする羽田野。
どこか秘めた感情を押し殺すように、そのまま激しく求められてしまう…。

episode8
勤務時間、吐息こぼれる、給湯室。

ファッションショーも近づき、慧との衣装合わせも順調に進んでいることを給湯室で嬉しそうに話すと、なぜか複雑な表情を見せる羽田野。
すると突然「ご褒美だ…」と壁際に追い詰められ、キス。
まだ勤務時間中で、他の社員も通りかかるリスクがあるのに激しく求められ、これまでになく強引な羽田野の様子に戸惑うみのり。
さらにそんな中、衣装案の却下も伝えられてしまい、羽田野への好意を自覚し始めたはずが、激しく衝突した二人はすれ違ってしまう…。

episode7
作業台の上、弾み、はだける浴衣。

花火大会の日、慧との仕事が遅くなり、花火大会に行けないことに落ち込むみのり。
すると、羽田野の誘いで隠れ家的なアトリエに招待され、そこで個人的にデザインしていたという浴衣を試着させてもらうことに。
互いに浴衣を着て、いつもと違う雰囲気に時めく二人。
「黙っていればカッコいいのに」と照れ隠しするみのりだったが、「それはお前もだろ」と真剣な表情の羽田野に押し倒されてしまう。
徐々に惹かれる気持ちを抑えられない言葉と優しく触れる手。そこには、恋人同士のような感覚が芽生え始めていた。

episode6
発熱、染み込む、素肌の看病。

一日、慧と衣装を見て回ったみのり。ところがオフィスに戻ると熱を押して仕事をしていた羽田野が倒れてしまう。
羽田野が目を覚ますと、マンションの自室で傍らには看病を終えて疲れて眠るみのりの姿。
みのりが目を覚ますと、自分の事で負担をかけてしまったと気遣う羽田野の思いがけない優しさに、気が緩みそのまま身体を預けてしまうみのり。
キスで潤んだ表情を見て「襲って欲しいって顔してる」と羽田野は、火照った体温を伝えるように、布団の中身体を重ね始める…。

episode5
残業中、デスクの下で、秘密のキス。

仕事での発注ミスの責任を、羽田野に背負わせてしまい落ち込むみのり。
その晩、二人きりで残業していると、みのりが新しい仕事へのプレッシャーを感じている事も見抜いて優しく声を掛けてくれる羽田野に、
思わずみのりは不安な気持ちを打ち明ける。
普段見せない素直な様子に「可愛い所あるんだな…」と抱き寄せ、唇を重ねる羽田野。
他の社員や見回りが来るかもしれない職場で、デスクの下に潜り込んだ二人は抑えきれない情動をぶつけ合う…。

episode4
湯舟の中、密着して、火照る体。

雨に降られて濡れた羽田野を気遣ったみのりは、職場から近い自宅に羽田野を招き入れることに。
しかし車内での出来事から、恥ずかしさでまともに顔を見れないみのりは、羽田野にタオルを渡して1人、お風呂場に逃避する。
ところが、湯船に浸かって気分を切り替えようとしたその時、「やっぱり、一緒に入らねぇ…?」と羽田野が乱入してきて…!?
2人で入る広くない湯舟…ぴったり密着する素肌の触れ合いに、身体は熱を帯びていく。

episode3
濡れた肌、温め合う、後部座席。

新人モデル・菅原慧がファッションショーで着る衣装デザインを担当することになったみのりと羽田野。
人見知り気味の慧と顔を合わせ、自信持ってステージに立てる衣装を作ろうとみのりは決意する。
その帰り、突然の雨に降られた2人。移動用の車に駆け込んだみのりは、車内にあった羽田野の着替えを借してもらうのだが、
大きいサイズのワイシャツの下にはうっすらと身体が透けてしまっていて…
「俺のシャツ着てるのヤバいな」と、激しい雨の中、心音だけが響く車内で押し倒されてしまい…。

episode2
微熱、伝わる、試着室。

カプセルホテルでの一夜が明け、デザイン事務所に出勤したみのり。
職場で顔を合わせるなり羽田野に呼び出され、衣装部屋でみのり自身でデザインしたドレスの試着をすることに。
ところがファスナーが引っかかって身動きが取れず、助けを求めるのだが、
ドレスが脱げかけの無防備な姿を見た羽田野に「俺の事、誘ってる…?」と迫られて―!?
1人用の狭い試着室内、密着した肌と唇が触れ合い…もうただの上司と部下には戻れない…。

episode1
カプセルホテルで、感じる、上司の体温。

服飾デザイン会社の打ち上げで、犬猿の仲の上司・羽田野との毎度の口論を繰り広げる新人・みのり。
酔い潰れて終電を逃してしまったみのりは、介抱のため残った羽田野の提案で近場のカプセルホテルに泊まることに。
ところがハプニングから部屋が使えなくなってしまい、見かねた羽田野に「じゃあ…俺の部屋来る…?」と誘われて―…!?
意識なんてするはずない…そう思ってたのに、狭いカプセルホテル内で触れる肌と、垣間見せる異性の顔に胸の高鳴りが抑えられず…
口づけから長い一夜が始まる。

© Meg/Suiseisha Inc.